メインページ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
秀逸な記事を読む

選り抜き記事

血液の光学顕微鏡写真、多数あり丸く赤く写っているのが赤血球。中央に1つある細胞は白血球、赤血球の間に見える小さなゴミのようなものが血小板である

赤血球血液細胞の1種であり、酸素を運ぶ役割を持つ。

赤血球は血液細胞の一つで色は赤く血液循環によって体中を回り、肺から得た酸素を取り込み、体のすみずみの細胞に運び供給する役割を担い、また二酸化炭素の排出にも関わる。赤血球の内部には鉄を含むタンパク質ヘモグロビンが充満しており、赤血球はヘモグロビンに酸素を取り込む。大きさは直径が7-8μm、厚さが2μm強ほどの両面中央が凹んだ円盤状であり、数は血液1μLあたり成人男性で450-650万個、成人女性で380-580万個程度で血液の容積のおよそ4-5割程度が赤血球の容積である。……
新しい記事を探す

新しい記事

  • ヒゲブトグンバイはグンバイムシ科の昆虫の1つ。シソ科植物の花に虫瘤を作り、その中にすむという変わった性質がある。体長四mm程度の昆虫。全体に暗褐色だが色が淡い個体もある。……
  • 核局在化シグナルまたは核局在化配列(略称: NLS)とは、タンパク質細胞核へ輸送する目印となるアミノ酸配列のことである。核移行シグナルとも呼ばれる。一般的にこのシグナルはタンパク質表面に露出しており、……
  • 白浜の化石漣痕は、和歌山県西牟婁郡白浜町江津良にある、国の天然記念物に指定された漣痕リプルマーク)である。化石漣痕とは、浅い海底の砂の表面にの波痕ができ、その痕跡が乱されないうちに粘土質などの被膜に覆われることによって、……
  • この項では、スコットランドの都市エディンバラの歴史について述べる。現在のエディンバラ周辺地域には数千年以上前から人々の生活が営まれてきた。 その起源は、土塁がおそらく現在のキャッスルロックに築かれた中世初期まで……
新しい画像を探す

新しい画像

強化記事を読む

強化記事

座間味島の古座間味ビーチ
座間味島の古座間味ビーチ、沖縄県島尻郡座間味村
季節の話題について

風物詩

もくじ

インフォメーション

ウィキペディアとウィキメディア・プロジェクトについて

ウィキメディアプロジェクト

ウィキペディアは日本語をはじめ約300の言語で執筆されています。全ての言語版についてはウィキペディアの一覧全言語版の統計をご覧ください。以下は特に規模の大きな言語版です。

ウィキペディアの運営主体は非営利団体ウィキメディア財団です。ウィキペディアの運営は皆様の寄付によって成り立っています。ご理解・ご協力賜りますようよろしくお願い申し上げます。